セット本攻略マニュアル準備中!

セット本せどりは事前リサーチで超効率化を実現させる【上達の道しるべ】

セット本

こんにちは、まさやんです。

せどりで稼ぐには中古本がおすすめです。

その中古本の中でも「セット本」は初心者向きと言えます。

「ブックオフに行ってもどこから探せばいいのかわからない・・」

身近でいただく質問で一番多い内容です。

僕も最初は同じように悩みました。

そこで、セット本のリサーチについて話していきます。

ぶっちゃけ、今でも実践している内容でおすすめです!

セット本を効率良く仕入れするには

実は簡単なことなんです。

「事前にリサーチしてから店に行くことです!」

店に行く前にある程度の知識がある方が有利です。

最初は面倒ですが、店にいくと違いが感じ取れます。

では、具体的な事前リサーチについて解説していきます。

ここで重要なのは、自分が欲しい本を探すイメージです。

アマゾンの膨大な本から目当ての商品を探す場合、どうしますか?

自分の場合は絞り込んで探していきます。

リサーチする場合も同じような感覚です。

 

アマゾン公式にアクセス

まず、アマゾンのトップページにアクセスします。

カテゴリを本にして検索すると、次のように表示されます。

画面右端の「セット本」を選びクリックします。

 

 

次のページではジャンル別に探すと表示があります。

 

 

今回はその中から「文学・評論」を選んでみます。

 

 

ここまでは、たくさんの本から「絞り込んでいく」過程です。

 

フォーマットを選ぶ

更に絞り込むため、フォーマットから「文庫」を選択。

 

 

すると、文庫のセット本が表示されます。

 

 

ここから、「著者」や「出版社」ごとにリサーチしていきます。

 

仕入れできそうな商品の目安

事前のリサーチでどんな商品が仕入れ対象になるのかについては、別記事で詳しく解説しています。

下の関連記事を参考にしてください。

[kanren postid=”2300&action=edit”]

 

リサーチした商品を保存

自分の場合はエバーノートに保存して、何時でも見れるようにしています。

事前にリサーチすることで整理され、商品が覚えれるので一石二鳥です。

 

店舗でリサーチする目印

店舗では、出版社や著者ごとの案内POPがあり商品を探しやすく工夫されています。

 

 

事前のリサーチを基に著者や出版社を目印にすると探しやすいです。

上記画像の赤枠のように案内されています。

セット本はリストが増えるほど仕入れがしやすくなります。

今回は文庫を例にしましたが、コミックや児童書も同じ要領です。

 

セット本のリスト化

一度、販売して利益が取れた商品はリスト化していきます。

アマゾンの相場は常に変動があるので、仕入れする前は必ずチェックが必要です。

しかし、セット本はリストが増えるほど日々の仕入れが楽になります。

どんどんリスト化していきましょう!

 

まとめ

セット本せどりのリサーチについて話しました。

事前リサーチって、面倒に感じますが実は重要です。

まずはブックオフの相場を覚えることが重要です。

面倒な作業を最初にやっておくことで、最終的に稼ぐための近道になります。

今回は以上になります、、、では!

 

タイトルとURLをコピーしました