こんにちは、せいやんです。

アマゾンの規制があってから卸仕入れについて話題になります。

 

「実際、卸しから仕入れて儲かるの?」

「利益率ってどのくらい?」

「法人でなくても取引きしてくれるの?」

 

自分の周りでもこんな感じの話しが多いです。

そこで、卸し仕入れの現況と課題について話していきます。

 

9月のせどり卸し仕入れの現況

自分の場合は卸仕入れは日用雑貨、ゲーム関連の2つがメインです。

アマゾンの規制があってからは新品は卸し、問屋仕入れ商品がメインです。

突然、アマゾンから請求書の提出を言われても対応できるようにする為です。

 

卸しの担当者から聞くと、今回の規制で問合せは増えているようです。

ただ、アマゾン内では出品者がそんなに増えた感じはしません。

逆に出品者は減っているように思います。

卸し仕入れの場合は扱う商品が大体同じになるので出品者の増減でわかりますからね。

 

卸し先の開拓と課題

今後のことを思い卸し先の開拓を始めています。

実際に問合せはTEL、メールがメインです。

最初はほぼTELで問合せをしてからやり取りはメールにする感じです。

 

まだ数件しかアプローチしていませんが取引き自体を断られるケースはありません。

正直、商品内容や掛率が微妙なところが多いです(^_^.)

実質、身になりそうな問屋は1件くらいでした。

ただ、今後もコツコツ営業活動はしていくつもりです。

 

卸し仕入れは安く仕入れできるの?

読者さんからしてみると、一番気になるのがこの部分だと思います。

実際は卸し先によって違いはあります。

もともと、アマゾン自体が定価よりもかなり安く販売しているので新作はきついです。

商品によって掛率にかなり違いがある感じです。

準新作や旧商品で処分特価の商品は安く仕入れできます。

 

卸しからの仕入れで稼ぐには

僕の場合は生産が終わった商品を扱うことが多いです。

卸し先から生産完了アイテムとしてデータをもらいアマゾンでの売行きや出品者数を見て仕入れます。

通常の仕入れと手順はほぼ変わりません。

 

卸し仕入れで稼ぐにはスピードが重要です。

商品を縦に積むので最安でカートをとっていかに早く売り切るかですね。

その為には、もっと仕入先を増やして出来るだけ安く仕入れることしかありません。

通常の仕入れと何ら変わりませんね^^

 

卸し仕入れについてはこちらでも紹介していますので参考にして下さい!

 

 

PS

すっかり、寒くなってきて朝、晩は暖房が必要です。

もうそろそろ、年末商戦の準備ですね。

今年は早めに商品を集めていきます。

 

その辺についてもブログで紹介していきますね~

 

では、では!