こんにちは、せいやんです。

お盆が過ぎたら一気に涼しくなってきました。

北海道の夏はもうすぐ終わりかな・・

 

週末はネット仕入れを集中してやっていました。

それにしても、コレ当たらないなぁ~(^_^.)

 

 

最近、さぼっていたので丸一日かけて色々リサーチしました。

 

 

 

そんなんで今回はネット仕入れ(電脳せどり)について書いていきます。

 

電脳せどりをはじめる時に準備したこと

まず、自分の場合は作業がしやすいような環境づくりから始めました。

ブラウザはグーグル、拡張機能を導入、PCはスペックを重視してストレスを感じさせない製品を選びました。

そして特に意識したのがマウスと無線環境です^^

 

 

電脳せどりはネット間をいかに早くスムーズに移動するかが重要です。

そのサポートをしてもらう重要な役割がマウスや無線環境です。

今回はマウスについて紹介しますが、最初に使ったのが画像の一番奥でG602、続いてG900、最近になってMX Master 2S です。

 

決してマニアではありません。

最初に使ったG602というマウスが自分の中ではとにかく使いやすかった!

結果的に時短や作業効率に繋がっています。

 

作業時間を短縮するための工夫

主婦やサラリーマンって使える時間が少ない方が大半です。

それぞれ、時短や効率を求めて色々試行錯誤していると思います。

自分の場合はとにかく作業環境を意識していました。

ネット仕入れは、大勢の人が同じ商品を狙っています。

そんな状況でライバルよりも早く仕入するにはスピードが大事だからです。

田舎で稼ぎ続けていくには

やはり電脳せどり(ネット仕入れ)が必須です。

店舗で思うように仕入れが出来ない分はネットから仕入れするしかありません。

その為にはしっかり準備して余分な作業を省く必要があります。

 

僕の場合は環境が整ったら次にリサーチのやり方を追求していきました。

 

  • ネットショップからアマゾンへ
  • アマゾンからネットショップへ
  • ヤフオクからアマゾンへ
  • アマゾンからヤフオクへ

 

シンプルなんですが、この一連の流れの中で効率的に商品を探していきます。

 

商品リサーチについては別の機会で詳しく紹介していきます。

ツールを使った電脳せどりについてはコチラの記事を参考に!

 

単純作業なんですが電脳せどりは奥が深い~^^

 

では、では!