こんにちは、せいやんです!
はじめてフリマせどりに挑戦しました(^ ^)

 

思っていたよりも、商品の種類が多いので
テンションMAXです。

 

店舗や電脳と違い、商品を検索する
JANがない商品が多く、モノレートを
フル活用の仕入れでした。

 

改めて、モノレートがあることに感謝しました(笑

 

普段は商品がきちんと陳列されていて、
見やすい環境ですが、フリマに行って
感じたのは商品が無造作に山積み・・

 

フリマ (2)

 

その中から目利きで仕入れ対象になりそうな
商品を見つけていきます。

 

どんなことでもそうですが、恵まれた環境に
いるとわからないことがありますよね。

 

さて、フリマ、店舗せどりで共通することで、
価格交渉があります。

 

普段の仕入れで価格交渉してますか?

 

商品をリサーチして、利益が出る商品が見つかると
レジで会計のスタイルが多いと思います。

 

フリマで買い物をしたことがある人はわかりますが、
価格交渉があたり前ですよね!

 

全部が値下げしてくれるとは限らないのですが、
ほとんどがしてくれます。

 

何となく、メルカリに近いものがあります。

 

通常の仕入れでも同じです。

 

大型〇〇店で全国共通セールがあったと
仮定します。

 

全国のせどらーがアマゾンの価格の物差しに
している以上価格競争がおきます。

 

その中でも利益を出せている人と利益が出せない人の
違いは何でしょう?

 

同じ商品、同じ価格で差を付けるには

 

大きく3つです。

 

仕入する商品数と価格交渉、価格改定です。

 

この3つのポイントを意識するだけで大きく
違いがでます。

 

その他、とっても大事な資金の回し方がありますが
コチラの方は別の機会に紹介しますね。

 

 

PS

激戦の新品セール商品などで利益が出せる人は、
しっかりとした戦略でやっています。

 

それでないと・・・差がつきませんよね。
これって、せどりですごく重要です。

 

差別化戦略についてもブログで紹介していきますね。