こんにちは、せいやんです!

 

最近は在庫整理や新たなカテゴリ申請をしていました。

 

カテゴリ申請については無事に許可がおりたので、
別の機会に詳しく紹介しますね!

 

 

在庫整理をしていて、不良在庫って意外に
多いことを再確認しました。

 

普段から価格改定をしながら細かく管理している
つもりでしたが、深く見ていくと意外に見落としが
多いです。

 

そこで、

 

不良在庫と在庫処分について話していきます。

 

寝かせと売れ残りの違いを明確にしないと

 

仕入する時は自分なりに色々チェックしてから
仕入れしてますよね。

 

それでも商品によってはライバル急増で価格が下落
して売るタイミングを逃すことってあると思います。

 

 

時間が経てば価格が戻ってくるものがありますが
一度下がったものは戻るまでに時間が掛かることが
多いです。

 

最近は、ジャンルやカテゴリによって価格が戻りやすい
傾向は掴んではきましたが確実ではありません。

 

今回、在庫整理をする中で

 

不良在庫になっている商品って

 

  • 損切りできていない商品
  • 仕入れ判断ミス

 

大きくこの2つが多いです。
(自分的には)

 

価格競争で利益がでなくなった商品を

 

「そのうち価格が戻るだろう」と放置している。

 

戻るどころか・・・不良在庫になっていました。

 

今回の在庫整理でアマゾンから返送依頼をして
早速、在庫処分をはじめたわけですが、

 

不良在庫から利益をとるやり方

 

自分的にはアマゾンで売れなかった商品は
ヤフオクで販売することが多いです。

 

ヤフオクは色んな方が参加しているので
いろんなニーズがあります。

 

売り方によってはアマゾンで利益がでにくい
商品でも意外に高く落札される場合があります。

 

僕の場合はメディアの扱いが多いので、

 

  • セット売り
  • ばら売り
  • まとめ売り

 

この3つを有効に活用しています。

 

特にセット売り、まとめ売りは同業者からの
入札が入るので相場以上になることが多いです^^

 

もちろん、視覚的お得感を出すために
工夫はしています。

 

在庫管理は定期的に

 

販路や売り方次第で損切りする商品が
かなり減ると思います。

 

仕入時に別の販路や売り方を意識する
だけで資金回収が断然違ってくるので
今後は意識していきたいです。

 

長くなりましたが、

 

不良在庫と在庫処分についてでした!

 

それではまた!